早慶附属を目指す高校受験ブログ

中学3年生の長女が高校受験で偏差値75以上早慶附属高校を目指して日々奮闘する姿と教育書を大量に読み漁って選んできた勉強法や学習管理についてご紹介します。

自己採点をする意味~したくなくてもすぐにして知識の定着をはかろう~

模試を受けたら自己採点をしよう!とよく言われますよね。でも、自己採点をしたからといって結果が変わるわけではありません。そして、自己採点をするためには問題に解答を書き込んでおかないといけないので、短いテスト時間では無駄な時間のような気がするかもしれません。自己採点をして何か意味があるのかな?と思うかもしれません。それでも、私は自己採点はしたほうがいいと思っています。

f:id:takoandwasabi:20190820230232p:image

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

自己採点をする意味はなんでしょうか?いち早く結果を知るため!!という場合もありますが、多くの場合には今後につなげるためだと思います。そして、今後につなげていくことで、いち早く結果を知りたいときに確実な自己採点をするための練習にもなります。どんなテストでも自己採点をすることは無駄にはなりません!

自己採点をしたほうがいいテスト

普段の模試など、現在の実力をはかるようなテストでは自己採点をしたほうがいいです。自己採点をするために、問題用紙に解答を書いていく作業に慣れるためにも常に自己採点を意識してテストを受けておくといいと思います。

 

問題用紙に解答を書いておくことは、見直しをするときにも役立ちます。単純な書き写しのミスを見つけたり、計算過程からの解答を見ることで計算ミスに気づけるかもしれません。まずは自己採点のためというよりも、精度の高い見直しのために問題用紙に解答を書いていく意識で取り組めるといいですね。

 

そして、自己採点をすることで、分からないなぁと思った問題や迷った問題などの答えを知って、あぁそうだったのか!とすぐに復習することで記憶に残りやすくなります。すぐに自己採点をすることで、問題を見直す必要がなくなり、時間の短縮にもなります。

 

絶対に自己採点をするテスト

絶対に自己採点をするテストは、現在は大学入試センター試験くらいでしょうか。大学の1次試験にもかかわらず、2次試験までに結果の発表はありません。精度の高い自己採点ができなければ、自分の学校を選ぶことができなくなってしまいますね。

 

いつも自己採点をしない場合には問題用紙に答えを書き写し忘れてしまったり、見直しで変更した解答を変更し忘れたり、大事な自己採点の精度に問題がでてしまうかもしれません。本番でそんな大変な状況にならないためにも、自己採点は常にしておくことが大切です。

 

自己採点をしなくていいテスト

自己採点をしなくていいテストは最終結果のでるテストですね。次にはもうつながらない合否がでるテストです。自己採点をしてもしなくても結果は待つのみです。結果がでるまでの時間をどう過ごすのかは自由ですので、気になるなら自己採点をしてもいいですし、しなくてもいいでしょう。

 

自己採点をするときの注目点

選択問題は自己採点で間違うことは、転記ミス以外ほぼないでしょう。自己採点での注目点は、記述問題ではないでしょうか。記述では自分の解答があっているのかどうかの判断が難しいこともあります。でも、だからこそ、自己採点をするときに、ポイントがどこなのか、正解になるためにはどのように記述すればいいのかを確認しながら採点することで記述の力が上がっていきます。

 

2020年度からの大学入試改革では記述問題が重要になってくるそうです。それにむけて自己採点でポイントを押さえた記述問題の対策をしていけるといいですね。

 

自己採点の精度を自分で確認しておく

自分の自己採点の精度がどれくらいかは確認しておくといいですね。自己採点と実際の得点が変わらないのであれば、自分の自己採点を信用することができて、正しく志望校を選択することができます。自己採点の精度をあげておくことが大切ですね。

 

自己採点をしよう!

自己採点をすることで見直しをきちんとすることができるようになり、次につながる復習をすぐにできるので復習の時間を短縮することができます。すぐに自己採点をすることが知識の定着にはとても有効です。そして、大事なテストでの結果を正確に知るために、確実な自己採点ができるようになりましょう。

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。