学問のオススメ

勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

【簿記3級】過去問勉強法!まずは過去問から始めよう!

【簿記3級】の過去問ってどういうふうに勉強したらいいの?テキスト読んでても何が何だか・・・というのであれば、まずは過去問から始めてみましょう。テキストと過去問集だけで、合格に届く力を最短で手に入れましょう。

f:id:takoandwasabi:20201113232221j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

【簿記3級】は独学で勉強しても合格できる資格ですが、実用性が高く、常識として知っているだけでも役立つ知識です。過去問を勉強して【簿記3級】に合格しましょう。

【簿記3級】の勉強法はどうしたらいいの?

【簿記3級】は初学者でも過去問をメインに勉強していけば合格点をとることができます!ぜひ挑戦してみてくださいね!

【簿記3級】試験のレベルは?

【簿記3級】が目指すのは、基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できるようになるというレベルです。

 

【簿記3級】の試験レベルはそれに合わせて、簿記の基礎がマスターできていれば合格できる試験になっています。資格試験の中での難易度は高くありません。

 

【簿記3級】初学者でも独学で合格できるの?勉強時間はどれくらい?

【簿記3級】に初学者でも独学で合格できるのかな?とお悩みの方安心してください。

 

【簿記3級】は初学者でも独学で合格することができます。実際に完全初学者だった40代が【簿記3級】に挑戦して合格レベルまで学習してきた体験からお伝えいたします。

 

【簿記3級】に合格するために1番必要なのは「根気」です。少しずつ演習をつみ重ねていくだけで必ず【簿記3級】の合格ラインには届くことができます。そんなに多くの時間はかかりません。過去問集を1冊終わるころにはかなりできるようになっているのではないでしょうか。過去問集を2回解き終われば合格に届くでしょう。

 

ただし、少しだけコツがあります。それは、間違えたところを把握する!ということだけです。自分が分からなかったところ、間違えた問題は必ずどこで間違えたのか?を把握しましょう。

 

過去問集を2回解いて、間違えた問題を把握することができれば、【簿記3級】に合格する力は十分につくでしょう。

 

【簿記3級】の試験時間は2時間です。過去問集に入っている問題が12回分だとすると、1周解くのに24時間、2周解くのに48時間です。個人差でこんなに時間がかからない場合も、逆にもっとかかってしまう場合もあるでしょう。

 

テキストを読んで知識を補充する時間も必要ですから、勉強時間は50~100時間程度で合格に届く力を身につけることができるでしょう。

 

【簿記3級】過去問をはじめる時期は?

【簿記3級】の過去問をはじめる時期は、なんとなく仕訳が理解できたとき!です。テキストで全てをきちんと理解してから過去問をしよう!というのでは、テキストが理解できない限り過去問をはじめることができません。

 

テキストだけ見ていると難しくて無理・・・と思う場合にも、問題を解いてみるとなんだこれができればいいんだ!と思えることもあります。難しい言葉を覚えるよりも先に問題を解いてみましょう。問題を解いて分からなかったところを優先的に覚えていくほうが効率的です。

 

過去問はその問題を解けた人が合格してきている問題ですから、過去問が解けるようになることが資格試験合格への最終目標になります。「テキストを完全に理解している」ことではなく、「問題を解くことができる」のほうが大切ですから、そこを目指して勉強していきましょう。

 

【簿記3級】過去問勉強法!

過去問勉強法のポイント!
  1. 過去問を大問ごとに解く
  2. 過去問を大問ごとに丸付けする
  3. 分からないところを確認、理解する
  4. 全く解けなくても気にしない
  5. 過去問を全て解く
  6. テキストで足りない知識を補う
  7. 過去問2周目を時間をはかってテスト形式で行う

 

では、【簿記3級】の過去問の勉強法について詳しくお伝えいたします。過去問をはじめる時期は仕訳がなんとなく理解できたときですから、細かい点の理解ができていませんね。

 

過去問は解けるはずがないけれども、挑戦しています。だからできなくて当然です。

 

ただ、なんとなく仕訳を理解していますので、少しは解ける・・・と思います。まず、この問題は解ける!この問題は惜しい!この問題のこの部分を知らない・・この問題は初めてみる!など、どこを間違ったのか、どの問題が分からないのか?を把握していきます。

 

そのため、最初は時間をはかってテスト形式で解くという必要はありません。

 

まずは、大問1だけを考えて、すぐに答え合わせをします。すぐに答え合わせをすることで、間違えた問題のどこがよく分からなかったのか?の確認も簡単にできますね。問題数も少ないですから、1つ1つ確認してもそんなに時間がかかりません。

 

借方と貸方の位置を間違えた・・・とか、精算表の意味が全く分からない・・・という分からない点が出てきたら、その都度テキストを活用して確認していきましょう。分からないを1つ1つなくしていきます。

 

最初の5回分くらいは初めての問題がいろいろと出てきます。そのため、問題を解くことにも時間がかかりますし、そのあとの答え合わせで、新しい知識を学んだり、解くための細かい注意点などを洗い出したりする作業にも時間がかかります。

 

やっぱり過去問をするなんてはやかったかな・・・と思うかもしれません。でも、全く解けなくても気にせず、作業を続けていきましょう。だんだんと注意点が分かってきたり、問題の傾向が分かってきたりします。

 

過去問をすすめていくと、同じような問題が繰り返し出されていることにも気づくと思います。過去問を手掛かりに問題を解く技術を身につけていく感じです。過去問を一通り解き終わる頃にはかなり【簿記3級】を理解できているでしょう。

 

テキストをじっくり読むなら、過去問を1度解き終わった時点にしましょう。どこが大切な場所でどこがそんなに大切ではない場所かというのがすでに分かっているので、自分に必要な知識を効率よく網羅できるはずです。

 

2周目は、時間をはかって5問全部を解いてみたり、実践に則した形で勉強していくといいですね。一人で問題を解き切る根気さえあれば【簿記3級】に合格できる力を身につけることができるでしょう。

 

【簿記3級】 おすすめ過去問集!最新版をテキストとセットで!

【簿記3級】のおすすめ過去問集はこちらです。【簿記3級】は年に3回試験が実施されますので、新しい過去問集が常に出てきています。新しい論点が追加されたり、今は不要なものなどは試験で問われなくなりますので、必ず最新版を購入するようにしましょう。

 

おすすめの過去問集はこちらです。必ず最新版を買いましょう。テキストも一緒に買って、分からない時の辞書として使いましょう。テキストで仕訳だけを理解したら、すぐ過去問に取りくんで、分からない言葉が出てきたらテキストを確認するといいですね。

 

 

 

【簿記3級】に合格しよう!

【簿記3級】は、社会人として知っておくべき経理の基礎を学ぶことができます。経理の仕事ではない人が常識として知っていても非常に役立つ知識だと実際に学んでみて感じました。経理の仕事をしたいというのであれば、【簿記3級】では少し物足りない資格になりますが、【簿記2級】への足がかりとして最初に学ぶといいですね。

 

1つ1つの積み重ねが知識になっていきます。【簿記1級】【簿記2級】を目指す場合にも、まずは【簿記3級】に合格しましょう。

 

こちらも参考にしてくださいね。

www.takoandwasabi.blog

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。