学問のオススメ

勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

受験勉強をさぼってしまった・・気持ちの切り替えと次に向けて考えること!

受験勉強をがんばろう!と思っていても、常に頑張り続けることはむずかしいですよね。受験勉強をさぼってしまった・・・という罪悪感や絶望感はすぐに切りかえて、次に向けてできることを考えましょう。

f:id:takoandwasabi:20200103012911j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

受験勉強をさぼってしまった・・・と思ってしまったときの気持ちの持ち方と続けてさぼってしまわない考え方についてお伝えいたします。

受験勉強をさぼってしまった!!

受験勉強を平日は5時間!休日は10時間しよう!という目標を立てたとしても、これを実行し続けることは本当に大変なことです。

 

毎日毎日の積み重ねが大切な受験勉強ですが、今日はちょっと疲れたなぁ・・少しだけ休もうかなぁ・・と思っている間に3時間昼寝してた!ということも時にはありますよね。

 

今日の勉強は2時間しかできなかった!休日なのにほとんど勉強できなかった!という後悔は多くの人が抱えていることでしょう。

 

受験勉強をさぼってしまったときの気持ち

まあいいか!と思ってすぐに勉強に取りかかれるなら、それでいいのではないでしょうか。まあいいか~とずーーっと勉強しないというのはなしにしましょう。

 

中には、さぼってしまった・・・・と罪悪感にかられたり、こんなに勉強しなかったらみんなに置いていかれる・・・と絶望感を感じたりする人がいます。そんな気持ちを抱えてしまうと投げやりになってしまう場合があると思います。

 

しかし、さぼってしまったとしても別にダメな人間ではありません。勉強をし続けることは大変なことです。時に計画通りに勉強できないことはみんなに起こりえることです。

 

受験勉強をさぼってしまった場合の損失

では、受験勉強をさぼってしまったときの損失について考えてみましょう。その時をさぼってしまったからと言って今までの努力がなくなるわけでもなく、急に勉強ができなくなるでもありません。つまり、今持っている知識が減ってしまうという損失はないということです。

 

あえて、損失として考えるならば、その日するはずだった勉強の知識を獲得できないということでしょう。その損失度合いは人によってさまざまです。ただ、1日勉強したからと言って大きく成績が伸びるわけではないのと同じで、1日勉強しなかったからと言って大きく成績が下がることもないのです。

 

受験勉強をさぼってしまったときの切り替え方

ですから、受験勉強をさぼってしまったときは、過ぎさってしまった時間を後悔しても仕方ありません。さっと切り替えてすぐに勉強を始めましょう。

 

さぼってる・・・と思ったらすぐに勉強!と思っておくといいですね。

 

やる気がついてこないなら、英単語など簡単な暗記など、心のハードルが低く取り組みやすい勉強を用意しておきましょう。やる気がないときは英単語!、やる気がないときは音読!など自分で決めておくといいですね。勉強を始めてしまえば、また勉強モードになることができるはずです。

 

あぁさぼっちゃったなぁと思っている時間のほうがよっぽどもったいないです。勉強モードに切り替えるためのハードルの低い勉強を決めておきましょう。

 

また、勉強モードに切り替えるために、アラームが鳴ったら勉強する!「勉強するぞ!頑張るぞ!」と唱えてから勉強する!などいつもの勉強開始の儀式を決めておくのもいいですね。勉強開始の儀式をして、ハードルの低い勉強をしているうちに勉強モードに入っていけるでしょう。

 

受験勉強をさぼらずにすむ方法を考えよう!

そして、今後さぼらずにすむ方法を考えましょう。1日10時間勉強していたところを2日間さぼってしまうと勉強損失は20時間です。そうなると毎日ぎりぎりまで勉強しているのであれば、取り返すと考えると途方にくれてしまう時間になってしまいます。

 

だからこそどうしたらまたさぼらずにすむだろうか・・・を考えましょう。

 

そして、過去の勉強損失は忘れてしまいましょう。その時その時を大切にし、取り返そうという気持ちを持たないほうが、気持ちの安定がはかりやすいでしょう。

 

例えば、未来の勉強損失を考える(今勉強を始めなかったら、今日の10時間勉強ができない・・・など)、周りのみんなが頑張っていることを想像する、さぼってしまった罪悪感を忘れない、など自分にあった方法で、今後どうしたらいいのか?を考えましょう。未来が大切です。

 

 

一番大事なのは続けてさぼってしまわないこと!

続けてさぼってしまうことが1番の問題です。続けてさぼってしまわなければ、勉強損失はそんなに大きくなりません。時々休憩することは健全に受験勉強を続けていくためには必要です。

 

一度さぼってしまって、それからなんとなく気持ちが乗り切らずにだらだらとまあいいか・・・を続けてしまうことがないようにしましょう。

 

受験勉強をさぼってしまっても次を見据えて仕切りなおそう!

受験勉強をさぼってしまったと思っても、短い時間ならそんなに大きな影響はありません。罪悪感や絶望感を抱えて勉強に身が入らないほうが問題です。次を見据えてすぐに切り替えること、さぼってしまった過去にこだわっても意味のないこと、続けてさぼってしまわないことに気をつけましょう。

 

少しならさぼってしまっても今までの積み重ねがあればそんなに問題はありません。何日も続けて休んでしまわないようにしましょう。そのためにも勉強への切り替え方を自分に合った形で考えることが必要です。

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。