早慶附属を目指す高校受験ブログ

中学3年生の長女が高校受験で偏差値75以上早慶附属高校を目指して日々奮闘する姿と教育書を大量に読み漁って選んできた勉強法や学習管理についてご紹介します。

偏差値70以上の高校を目指すために!勉強の方向性と勉強時間!

偏差値70以上の高校を目指したい!と努力するとき、どれだけ勉強して、どれだけの点数をとればいいのだろうか・・・と思うかもしれません。偏差値70の高校がどういうものなのか?偏差値70以上の高校を目指すためにどのような勉強をどれくらいの時間すればいいのか?についてお伝えいたします。

f:id:takoandwasabi:20200128003157j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

偏差値70以上の高校となるとかなり難易度が高いというイメージですね。勉強を全くせずに目指せる人はほとんどいないでしょう。それだけ、難しい高校にはなりますが、最初からあきらめてしまっては、絶対にそこにたどり着くことはできません。

 

偏差値70以上の高校について知り、勉強の目標にしていってほしいと思います。

 

偏差値70以上の高校って?

偏差値70について考えてみましょう。偏差値70というのはまず、母集団によってその価値が大きく変わってきます。偏差値70というのは、ある母集団の中で上位2.3%にあたります。1000人の中で上位23人に入るくらいということです。それだけ聞くと、かなりすごい偏差値だと思いますね。実際、そんなに簡単に偏差値70は取れません。

 

しかし、母集団がほとんど小学生の中に混じった中学生と母集団がほとんど高校生の中に混じった中学生で考えてみてください。母集団がほとんど小学生の中に混じれば、偏差値70をとる可能性は高くなりますし、母集団がほとんど高校生の中に混じれば、偏差値70をとるのは非常に難しいということを理解できると思います。

 

ですから、一口に偏差値70と言ってもその難易度はかなり変わってくるということは理解しておきましょう。

 

さて、偏差値70以上の高校とは、どういう基準で決められているのでしょうか?多くの場合、その自治体の模試の偏差値で決定されているそうです。ある学校に受かった生徒の模試の成績を分析し、だいたい10人に6人程度受かっている偏差値をその学校の偏差値としていることが多いそうです。

 

ここでも各県によって母集団が変わってくることになります。ほとんどの中学生が高校受験をする県、中学受験で上位層が中高一貫校に行って高校受験をしない県とでは少し変わってきそうですね。必ずしも、偏差値が高ければ高いほど難しいとも言い切れないということです。

 

そういう点を踏まえて、偏差値70以上の高校とは、その地域で高校受験をする人の中で上位2.3%が行く高校だということです。1クラスだいたい40人くらいでしょうから、クラス1位は偏差値70以上の高校に行ける・・・くらいのイメージです。

 

クラス1位は必ずしも不動ではなく、入れ替わりもあるし、勉強の取り組み具合ではなんとか目指せそうな気がしませんか?

 

偏差値70以上の高校を目指すためには!

偏差値70以上の高校を目指すための勉強法は、目指す学校によって変わってきます。県公立のトップ校と国私立難関校では同じ偏差値70以上でも求められる能力が変わってくるので、志望校に合わせた勉強をしていく必要があります。

 

ここでは、塾に行かずに偏差値70以上の高校を目指す場合についてお伝えします。塾に行っている場合には塾で用意されたテキストや宿題にしっかりと取り組むことが大切です。

 

県公立トップ高校を目指す場合の教材

県公立トップ校を目指す場合には、教科書レベルをきちんと理解し、ミスなく問題を解いていく力が必要になります。難しい問題が少しでますが、県公立高校の入試ではどの高校も基本的に同じ問題で試験をしますので、標準的な問題を間違えないようにする能力を鍛えることが大前提となります。

 

90点以上を目指して難問をいくつか解ける力とミスなく解き切る力が必要です。

 

そのための勉強法としておすすめなのは、進研ゼミ中学講座です。県ごとに志望校に合わせて勉強ができます。全国の高校入試問題を分析している大手ならではの安定感がある問題に取り組むことで、効率よく教科書レベルをミスなく解ける力を身につけていくことができるでしょう。

 

塾なしで県公立トップ校を目指す場合、進研ゼミ中学講座に真剣に取り組むことで力を伸ばせるでしょう。

 

【進研ゼミ中学講座】の無料資料請求はこちらから  

 

国私立難関高校を目指す場合の教材

国私立難関高校を目指す場合には、難問をどれだけ解けるようになるか?というのが重要になります。しかも、目指す学校によってその問題の傾向は異なってきますので、難問を解ける力と志望校の過去問を解ける力を身につける必要があります。

 

学校によって目指す点数は変わってきますが、多くの場合、70点以上を目指して難問にチャレンジしていく必要があるでしょう。

 

最終的には志望校の過去問で対策していくことが大切な国私立難関高校ですが、それを解く前に難問を解けるように力をつける必要があります。

 

これには、Z会の特進コースがおすすめです。難関国私立向けに特化して良質な難問で構成されていますので、塾に行かずに難問に慣れていくためにはとても良い教材になっています。

 Z会の無料資料請求はこちらから

 

こちらの記事も参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

偏差値70以上の高校を目指すための勉強時間

偏差値70以上の高校を目指す場合の勉強時間は、その目的を達成できればいいので、人によって違うのは残念ながら仕方がありません。しかし、偏差値70以上ある人は総じて勉強をあまり苦にせず、長い時間取り組む忍耐力を持っている場合が多いでしょう。

 

つまり、偏差値70以上を目指す場合には、かなり長い時間を勉強時間としてとることができる場合に合格の可能性があがるといえます。集中して長時間勉強することを苦としないならば、偏差値70以上の高校を目指せる力があるかもしれません。

 

かなり長い時間というのがどれくらいなのか?というのは難しいですが、平日で学校の勉強以外に5時間、休日ならば10時間以上の時間をとることができれば、今の成績がどうであれ、偏差値70以上の高校に近づけるのではないかと思います。

 

勉強時間だけが勉強のすべてではありませんが、勉強時間をとることができれば、できるようになることは確実に増えていくでしょう。

 

埼玉県では北辰テストが高校受験で非常に大切なテストになります。こちらの記事も参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

 

偏差値70以上の高校を目指せ!

偏差値70以上の高校を目指すのは大変なことですが、目指せると信じて勉強をしていくことがまず第一歩です。無理だと思った時点で、それは無理なことになってしまいます。できると思っていれば、叶えるべく努力できます。それによってもし、偏差値70以上に届かなかったとしても、今の自分よりもぐんと上の力を手に入れることができるでしょう。

 

偏差値70以上の志望校を目指すには、しっかりと勉強時間を確保して、自分は合格できると信じて勉強しましょう。

 

勉強はステップアップしていくほうが効率的です。こちらも参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。