学問のオススメ

勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

中学生のための2020年時事問題 7月

2020年7月の時事問題をまとめました。新型コロナウイルスの感染が拡大しています。宇宙関係のニュースは夢が広がりますね。

f:id:takoandwasabi:20200809232641j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

中学生の定期テストに出そうな時事問題を選びました。太字で問題を、赤字で答えを、青字で語句説明をしています。

 

 

新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた観光業を支援するために国が打ち出したキャンペーンは何か?

 

Go To トラベル

 

Go To トラベルで除外された都道府県は?

 

東京都

 

TOPICS

台風や集中豪雨で「数十年に1度の大雨」が予想される場合に、気象庁が発表する警報は?

 

大雨特別警報

 

 

人類初の月面着陸を果たした1969年の「アポロ計画」以来となるアメリカの有人月探査計画は何か?

 

アルテミス計画

 

 

絶滅危惧種に指定された高級食材は何か?

 

マツタケ

 

 

「都立高校の頭髪に関する規定はなぜあるのか?」という問いに、「外見等が原因で事件事故にあわないようにため」と教育長が答えたことで物議をかもした髪型は?

 

ツーブロック

 

 

12月に地球に最接近し、小惑星リュウグウで採取した試料を投下後、地球と火星の間を回る別の小惑星に向かう方向で検討されている小惑星探査機の名前は?

 

はやぶさ2

 

 

アメリカ・中国の対立が激化して互いに閉鎖命令が出されたのは何か?

 

総領事館

 

総領事館:現地にいる自国民の保護や査証(ビザ)の発行業務などを主に行う在外公館

  

1日

改正憲法成立で、2036年まで続投可能となったロシアの大統領はだれ?

 

プーチン大統領

 

3日

二酸化炭素の排出量が多いため、2023年までに9割を休廃止する方針の発電方法は?

 

石炭火力発電

 

 

2015年にパリで開かれたCOP21で採択された国際条約は何か?

 

パリ協定

 

COP21:国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議 これに基づいて石炭火力発電を休廃止する

 

5日

東京都知事選で再選されたのはだれ?

 

小池百合子

 

 

6日

WHO脱退を通知した国はどこか?

 

アメリカ

 

WHO:世界保健機関 日本をはじめ190ヶ国以上が加盟している

 

10日

「イスラム教礼拝所(モスク)から博物館に変えた1934年の政府決定は無効」と裁判所が判断を出し、大統領が直後にモスクに戻す命令をだしたトルコの世界遺産は何か?

 

アヤソフィア

 

 

11日

ISUスケーティング・アワードで最優秀選手賞に選ばれたのはだれ?

 

羽生結弦

 

ISU:国際スケート連盟

 

 

16日

将棋の棋聖戦で勝利し、17歳11か月で最年少タイトルを獲得したのはだれか?

 

藤井聡太七段

 

 

17日

2022年春から普通科が3つの学科に再編される見通しになったが、その3つは「普通科」とあと2つは何か?

 

学際融合学科・地域探求学科

 

学際融合学科:文系・理系などの枠組みを超えた学科 現代的な課題の解決に役立つ教育を行う

地域探求学科:地域課題の解決を目指す学科 少子高齢化など地域社会の改題解決につながる内容を教える

 

20日

UAE初の火星探査機の名前は?

 

ホープ

 

UAE:アラブ首長国連邦

 

28日

来春打ち上げ予定の米国民間宇宙船に搭乗して、ISSで日本人として2人目となるISS船長になる予定なのはだれか?

 

星出彰彦

 

ISS:国際宇宙ステーション

 

30日

1988~2000年に総統を務めた李登輝(リートンホイ)さんが97歳で亡くなったが、どこの人か?

 

台湾

 

時事問題を攻略しよう

時事問題を知っていることで、作文や面接で話を膨らませたり、多角的な見方をできるようになるでしょう。時事問題を少しずつ理解することは歴史を理解することにもつながります。

 

時事問題にはやっぱり新聞です。家に本や新聞がある家ほど学歴が高いという統計的結果もあります。活字に触れていくことで自然と国語力を身につけていくことができます。

 

忙しい中学生には週1回の中高生新聞がいいですね。受験までの期間でコツコツと知識を蓄えていきましょう。朝日中高生新聞と読売中高生新聞のどちらが良いのか?を比較した記事がこちらになります。 参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 


では!最後まで読んでいただきありがとうございます!