早慶附属を目指す高校受験ブログ

中学3年生の長女が高校受験で偏差値75以上早慶附属高校を目指して日々奮闘する姿と教育書を大量に読み漁って選んできた勉強法や学習管理についてご紹介します。

幼児期のおすすめ英語映像教材は?継続して英語耳を作ろう!

幼児期には楽しんで英語に触れていくことで、英語の発音を聞き取ることができる状態=英語耳を育てていきましょう。

 

f:id:takoandwasabi:20200319001500j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

幼児期に英語を継続して聞いていると英語の発音を聞き取ることができる英語耳を手に入れることができます。英語耳は地道な継続が必要ですが、英語を聞き取ることができる耳を持っていると成長して英語を勉強したいと思ったときに役立つ武器となるでしょう。

 

英語耳を自然と獲得できる幼児期に親も無理せず継続できる英語映像教材で楽しく英語を学んでいきましょう。

英語耳とは?

英語耳とは、英語の発音を聞き取ることができる状態のことです。英語で何を言っているのか分かるということですね。

 

知らない言語だと何を言っているのかも、そもそも何語なのかもわかりませんよね。でも、何を言っているか分からないけどこの人は英語をしゃべっているというのは分かることありますよね。これは、英語を知っていて、英語の単語やリズム、発音などを聞き取っているからです。これも精度は別にして、英語耳と言えるでしょう。

 

英語耳を手に入れるには?

英語耳を手に入れるためには、継続した英語の勉強が必要です。しかし、だれであっても、いつであっても訓練によって英語耳を手に入れることはできるでしょう。だから、幼児期に必ずしも獲得しなくても本人のやる気で英語耳を手に入れることはできます。

 

しかし、幼児期に英語に継続して触れていけば、英語耳は大人が獲得するよりも自然に身についていくでしょう。特に本人が意識していなくても英語を自然に聞くことができるようになるということです。

 

幼児期は耳に入ってくる音を全てとらえていくことができます。幼児の場合には耳に入ってくる音を必要な音、不必要な音というように選択することがありませんので、全てを受け入れていくことができるのです。

 

幼児期は言語を学ぶには非常に脳が柔軟であると言えます。

 

大人の場合には聞かない音とか聞きたくない音、考えなくてもいいか・・という音など音を選択してしまいます。ですから、聞き流しで英語学習などで本当に聞き流しているとほとんど身につくことがなく、きちんと音に対峙して真剣に聞く努力をする必要があるのです。

 

幼児期の英語教育のポイント

幼児期は言語を学んでいくにはとても良い時期です。日本語だって生まれて2年もすればかなりのレベルで話せるようになります。

 

そんな柔軟な脳の時期に英語も一緒に覚えてもらえたらうれしいなというのが親の気持ちですね。親が英語を話せるならば、日本語と同じように話しかけているだけで子どもは英語を話せるようになるでしょう。

 

しかし、日本語しか話せない親の場合にはどうしたらいいのでしょうか?最近では、さまざまな英語映像教材がありますので、そちらを利用すれば、映像を見て何の話をしているのか?が分かり、そのうえ英語で話してくれますので継続して毎日の生活に取り入れていけば、英語耳が育っていくでしょう。

 

この時のポイントはそんなに期待しないということです。成果の確認も必要ないでしょう。英語分かってる?と言われても幼児にとってはどういうこと?と思うでしょう。普段の生活で日本語分かってる?と聞かないのと一緒です。幼児にとっては、分かることもあるし、分からないこともあるのです。

 

分かる?と聞くよりも、一緒に英語の絵本を読んだり、一緒に英語でアニメを見たりするほうが格段に効果的です。親が一緒に何かをしてくれることは幼児にとってはとてもうれしいことだからです。

 

長女の場合

早慶附属に合格した長女の幼児期には、英語は無理せず、楽しく、嫌にさせないをモットーに日々CDのかけ流し、DVDのかけ流し、英語絵本の読み聞かせをしていました。ぽちっとボタンを押すだけのかけ流しは、英語をしゃべれない私にとっては取り組みやすい作業でした。

 

長女は遊んでいても、興味を持たなくてもOKでかけ流していましたし、「今の英語分かった?」などと聞いたこともなかったので、実際長女がどれくらい理解していたのかはよく分かっていません。

 

しかし、英語耳は育っていたようで、中学生になってリスニング問題で困ったことはありません。先の長い話かもしれませんが、本人が困らないといいなぁくらいの気軽な気持ちで日々の生活に英語を取り入れていたのがよかったのだと思っています。

 

おすすめの英語映像教材は?

長女が使っていたのはもう10年以上も前になってしまいます。10年もたつと教材はどうしても古さが気になってしまいますね。ですから、当時この教材があったら絶対使ったのになぁと思う新しい英語映像教材のミライコイングリッシュについてお伝えいたします。

 

 幼児向け英語DVD教材のミライコイングリッシュ

 

オールイングリッシュの映像教材

オールイングリッシュであることは、英語をかけ流すうえで絶対条件です。日本語の混じらないオールイングリッシュ教材であることは、基本中の基本ですね。

 

オールイングリッシュのDVD教材が15枚にCD3枚がミライコイングリッシュの教材セットです。対象は0~8歳です。

 

DVD1本の収録時間は30分です。子どもにかけ流しでDVDを見せる時間としてちょうどいいですね。1日30分DVDをかけ流すだけですから、無理せず取り組めます。

 

1本のDVDを30回見ることが推奨されていますが、この点は子どもの興味に合わせてあげるといいですね。同じものを続けてみると飽きてしまうようであれば、飽きる前に次を見せてを繰り返すといいですね。15本を見るうちに1本目の内容を忘れてくるので、また新たな気持ちで見てくれるかもしれません。

 

CD3枚で47曲が収録されています。47曲も歌えるようになればきっとうれしくなっちゃいますね。

 

90%の子どもがまた見たいと回答したコンテンツ

ミライコイングリッシュがとても魅力的だった点は、この90%の子どもがまた見たいと回答したという映像コンテンツの集まりだということです。子どもに無理な英語教育はさせたくないですから、子どものほうから興味を持ってくれるDVDはないかといつも思っていました。

 

興味を持ってみてくれた英語教材には結局ほとんど出会えなかったと思います。時おり興味を持っている様子が見られると、にやりとしてしまうくらいうれしかったです。本人の興味に任せるしかないのですが、楽しんでみてくれるなら言うことないですよね。

 

毎日の継続を叶えるできたよシール

1枚のDVDを30回見るために、1回見るごとにDVDの入れ物の内側の台紙に1枚シールを貼ることができるようになっています。15枚×30=450枚!のシールって幼児には非常に魅力的ですね。毎日少しずつ貼っていったら大きな絵になるというようにシールにもこだわりがあります。

 

ミライコイングリッシュオンラインでアウトプット

ミライコイングリッシュオンラインでは、アルファベットや迷路、絵本、クイズなどの教材を全て無料で使うことができます。DVDを見たあとでアウトプット教材として楽しむことができます。DVDとCDだけではない、アウトプット用のプリント教材もついていると思うとさらにお得感が増しますね。

 

ミライコイングリッシュの価格

f:id:takoandwasabi:20200201000436j:plain

5年の歳月をかけて開発されたミライコイングリッシュは映像が新しく、豪華声優の音声も素晴らしい本格的な英語教材です。元NHKの基礎英語の講師が監修しています。一度に払う額としては少し高額ですが、ディズニーの英語教材やワールドワイドイングリッシュに比べると圧倒的に安いです。

 

2年間楽しむとすれば、1ヶ月2441円です。利子なく分割支払いもできますので、経済的にも無理をしなくて大丈夫です。おじいちゃんおばあちゃんに贈ってもらうのもいいかもしれませんね!

 

簡単な登録で8分程度の本編映像が無料で見られますので、子どもの興味に合っているのか?は必ず確認するようにしてくださいね。

 

幼児向け英語DVD教材のミライコイングリッシュ無料体験はこちらから  

 

地道な継続で英語耳を育てよう!

英語耳を育てることは一朝一夕ではできません。地道な継続がとても大切です。幼児期の脳が柔軟な時期に英語を映像教材で学ぶことで、英語耳を育てることができるでしょう。

 

幼児期の英語学習では、楽しく!が本当に大切です。子どもが楽しんで、自然と英語を学んでいくことができれば、いずれそれは子どもの力となっていくのではないでしょうか。親はあまり無理しなくても、子どもが英語を学んでくれるといいですよね。

 

これらを叶えてくれるミライコイングリッシュを幼児期の英語映像教材としておすすめします。ぜひ、将来の力となる英語耳を育ててくださいね。

 

 幼児向け英語DVD教材のミライコイングリッシュ

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。