早慶附属を目指す高校受験ブログ

中学3年生の長女が高校受験で偏差値75以上早慶附属高校を目指して日々奮闘する姿と教育書を大量に読み漁って選んできた勉強法や学習管理についてご紹介します。

英語ができるようになるには?幼児の英語DVD教材ミライコイングリッシュがおすすめ!

早慶附属を目指している長女の幼児期には、どうしたら将来英語に困らずにすむだろうか?を常に考えながら教材を選んでいました。私は英語を話せないので、話せなくてもできる英語教育ってどうしたらいいんだろう?といろいろと調べて試行錯誤しながら、英語教材を買っていました。

 

CDは図書館で、DVDはディズニー映画やアルク、チャレンジイングリッシュで、絵本はオックスフォードリーディングツリーを。全てを同時に買ったわけではなく、なるべくお金をかけずに、とは思っていたのですが、今振り返るとそれなりに教材費はかかっていたのかなと思います。

 

そんな試行錯誤をしたなぁと思っていた時に幼児の英語教材ミライコイングリッシュを知る機会がありました。当時これが販売されていたら絶対購入したのに!!と、今幼児期の子育てをしている方をうらやましく思いました。魅力的な幼児の英語教材ミライコイングリッシュをご紹介いたします。 

f:id:takoandwasabi:20200201223231j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

早慶附属を目指している長女の幼児期を支えた英語教育の考え方と幼児の英語教材ミライコイングリッシュの魅力についてお伝えいたします。

長女の幼児期の英語教育の考え方

長女の幼児期の英語教育として選んだのは、DVDのかけ流し、CDのかけ流し、絵本の読み聞かせでした。どのようなものを使っていたのか?はこちらを参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

長女の幼児期の英語教育で気をつけたことは、無理をしない、本人の興味に任せる、結果を期待しないでした。

 

無理をしない

無理をしないは、経済的に無理をしない、親が疲れるくらい無理をしない、嫌がったら無理をしない、ということです。

 

当時も英語教材はいろいろとありました。とても高額なものは魅力的だけれど、それを買ってしまうと他にお金が使えなくなってしまいます。だから、なるべく金額的に無理をしない教材を選ぶために時間を使っていました。

 

親が疲れるくらい無理をしないは、なるべく簡単に継続して取り組める教材を選ぶということでした。ただ流すだけ、ただ読むだけ、など無理せず取り組める教材にしようと思っていました。親が一生懸命英語を勉強して話しかければいいのかもしれませんが、それをするには幼児期は他のことに手を取られすぎます。継続することを大切にしていました。

 

嫌がったら無理をしないはそのままですね。嫌がることはしない!と決めていました。一緒に読んでみよう!は嫌がられることが多かったので、結局あまりしていません。嫌がったら無理をしないという点でも、高額教材は簡単に諦められなくなるので手を出さないようにしていました。

 

本人の興味に任せる

DVDを流していても、興味のあるところは見るし、特に興味のないところは別の遊びをしているという様子でした。とにかく耳に入っていればいいかなとかけ流しは続けていました。幼児期に「しっかり見なさい!」と言っても仕方ないですね。

 

結果を期待しない

親がペラペラとしゃべれるならば、きっと子どもも英語をしゃべれるようになるのかもしれません。しかし、私はそうではないので、結果を期待しないことにしました。結果はいつか出るかもしれないし、出ないかもしれない。でも、それでいいと思っていました。

 

親が、子どもの幼児期の英語教育に後悔しなければそれでいいのです。

 

長女の英語力

さて、そのような幼児期を送り、全く結果の見られない小学生時代を送り、小学6年生~中学1年生でのオンライン英会話の時期を過ぎて、長女の英語力は、英検準2級をほぼ勉強せずに合格するくらいにはなっています。リスニング力はかなり高く、特に対策しなくても一番の得点源となっています。

 

難関高校の英語は大学受験レベルの問題集を使っていることもあるのですが、それも難なく解いているようです。

 

どれだけ幼児期のかけ流しが効果をあらわしたのか?は不明ではありますが、リスニングの基礎を作ったことは間違いないと思っています。

 

幼児の英語教材ミライコイングリッシュってどんな教材?

私の目指した英語教育のすべてを叶えてくれると思ったのが、ミライコイングリッシュです。当時販売されていれば、絶対買ったのに!と思わせたミライコイングリッシュはどんな教材なのか?についてお伝えいたします。

 

オールイングリッシュの映像教材

オールイングリッシュであることは、英語をかけ流すうえで絶対条件でした。日本語の混じらないオールイングリッシュ教材であることは、基本中の基本ですね。

 

オールイングリッシュのDVD教材が15枚にCD3枚がミライコイングリッシュの教材セットです。対象は0~8歳です。

 

DVD1本の収録時間は30分です。子どもにかけ流しでDVDを見せる時間としてちょうどいいですね。1日30分DVDをかけ流すだけですから、無理せず取り組めます。

 

1本のDVDを30回見ることが推奨されていますが、この点は子どもの興味に合わせてあげるといいですね。同じものを続けてみると飽きてしまうようであれば、飽きる前に次を見せてを繰り返すといいですね。15本を見るうちに1本目の内容を忘れてくるので、また新たな気持ちで見てくれるかもしれません。

 

CD3枚で47曲が収録されています。47曲も歌えるようになればきっとうれしくなっちゃいますね。

 

90%の子どもがまた見たいと回答したコンテンツ

ミライコイングリッシュがとても魅力的だった点は、この90%の子どもがまた見たいと回答したという映像コンテンツの集まりだということです。子どもに無理な英語教育はさせたくないですから、子どものほうから興味を持ってくれるDVDはないかといつも思っていました。

 

興味を持ってみてくれた英語教材には結局ほとんど出会えなかったと思います。ほぼ興味はないけど、かけ流しをする日々でした。時おり興味を持っている様子が見られると、にやりとしてしまうくらいうれしかったです。本人の興味に任せるけれど、できれば興味を持ってほしいですね。

 

毎日の継続を叶えるできたよシール

1枚のDVDを30回見るために、1回見るごとにDVDの入れ物の内側の台紙に1枚シールを貼ることができるようになっています。15枚×30=450枚!のシールって幼児には非常に魅力的ですね。毎日少しずつ貼っていったら大きな絵になるというようにシールにもこだわりがあります。

 

ミライコイングリッシュオンラインでアウトプット

ミライコイングリッシュオンラインでは、アルファベットや迷路、絵本、クイズなどの教材を全て無料で使うことができます。DVDを見たあとでアウトプット教材として楽しむことができます。DVDとCDだけではない、アウトプット用のプリント教材もついていると思うとさらにお得感が増しますね。

 

ミライコイングリッシュの価格

f:id:takoandwasabi:20200201000436j:plain

5年の歳月をかけて開発されたミライコイングリッシュは映像が新しく、豪華声優の音声も素晴らしい本格的な英語教材です。元NHKの基礎英語の講師が監修しています。一度に払う額としては少し高額ですが、ディズニーの英語教材やワールドワイドイングリッシュに比べると圧倒的に安いです。

 

2年間楽しむとすれば、1ヶ月2441円です。利子なく分割支払いもできますので、経済的にも無理をしなくて大丈夫です。おじいちゃんおばあちゃんに贈ってもらうのもいいかもしれませんね!

 

英語ができるようになるために!

英語ができるようになるためには、継続が一番大切です。子どもは必ず飽きてしまいますので、高すぎる教材を長く使うよりも、新しい教材を少しずつ取り入れていくことは大切です。

 

子どもが「面白いからまた見たい!」と英語のDVDに夢中になってくれたらうれしいですよね。90%の子どもがまた見たいといったミライコイングリッシュですが、逆に考えると10%の子どもはまた見たいと言わなかったわけです。

 

とても魅力的な教材ですが、子どもが面白いと思わなければ意味がありません。簡単な登録で、約18分の本編映像が無料で見られるようになっていますので、子どもが興味を持つかどうか必ず確認してくださいね。

幼児向け英語DVD教材のミライコイングリッシュのオンラインサンプル映像はこちらから  

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。