学問のオススメ

2022年度:早慶附属高校3年生の長女と公立中学2年生の次女。2人の子育てから分かってきた効率の良い学習や効果の高い勉強法などについてお伝えしていきます。その他、経験に基づいた記事を心がけながら、勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

【名探偵コナンゼミ】幼児は受講できるの?ワークブックは小学生から!

【名探偵コナンゼミ】は2021年4月に【まなびwith】がリニューアルして開講されました。それまでは、【まなびwith】として幼児向けの教材も展開されていました。

f:id:takoandwasabi:20220226223907j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

【名探偵コナンゼミ】を幼児が受講することについてお伝えいたします。

 

【名探偵コナンゼミ】を幼児は受講できるの?

【名探偵コナンゼミ】に幼児のコースはありません。【名探偵コナンゼミ】の前身であるまなびwithのときには幼児のコースがあったのですが、2021年10月22日をもってまなびwithへの新規入会受付が終了しているため幼児は受講できないようになっています。

 

【名探偵コナンゼミ】は小学生だけを対象とした通信教育になっています。幼児向けはありません。

 

名探偵コナン好きの幼児はどうしたらいいの?

通信教育の場合には、小学1年生~小学6年生までのコースしかありませんので、幼児が受講するのは難しいですし、あえて受講する必要もないでしょう。年長さんが先取り学習をするという考えもあるかもしれませんが、あまりおすすめしません。1年生になって学ぶことは1年生になってから学んだほうが楽に学ぶことができますし、幼児の時期には必ずしも机上の勉強ばかりではなく他に体験したほうがいいことはたくさんあると思うからです。

 

ただ、ナゾトキコースは、年齢制限されているわけではなく、レベルわけされているだけなので、小学校1~2年生向けのナゾトキベーシックコースを受講するのはどうでしょうか?これなら、親も一緒に楽しんで考えるという経験ができます。

 

個人情報不要!【名探偵コナンゼミ】の無料体験はこちらから 

 

【名探偵コナンゼミ】のナゾトキベーシックコースはどういうレベル?

【名探偵コナンゼミ】のナゾトキコースのベーシックの問題は全てひらがなで出題されます。幼児であってもひらがなが読めるなら参加することができます。親が読んであげることでひらがなを読む練習にもなりますね。

 

ナゾトキベーシックコースは名探偵コナンのアニメの1話分を2つに分けて、それぞれに5つのナゾトキができるようになっています。1回分のナゾトキで、アニメ部分がだいたい10分程度、あとはナゾトキにかかる時間によりますが、だいたい20分程度あれば1回分が楽しめる感じになっています。

 

アニメの内容に少しだけ絡めた問題もありますが、基本的にはナゾトキは独立して楽しめますので、アニメ部分は興味がなければ見なくても問題ありません。

 

ナゾトキ問題はこんな感じです。

f:id:takoandwasabi:20220202214030j:plain

答えは②のデパートですね。幼児にとってはまだ片仮名が完璧に覚えられていなければ少し難しいかもしれません。

 

f:id:takoandwasabi:20220202214020j:plain

答えはめいたんていこなんです。これは大人でもちょっと考えてしまう問題かもしれませんね。

 

幼児にとっては少し難しめの問題になってしまうかもしれません。親と一緒に楽しんでいるうちに、ナゾトキに慣れていき、だんだんと一人で解ける問題が増えていくでしょう。分からない問題を考えるのは、自分で解決していく思考力につながっていきます。

 

ナゾトキコースについて詳しくはこちらを参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

 

【名探偵コナンゼミ】は小学生がしっかり活用しよう!

【名探偵コナンゼミ】は小学生が読解力、作文力、図形を理解する力、思考力などを身につけるのに非常に役立つ通信教育になっています。ナゾトキコースは楽しみながら考えることができて、小学生にとって学びと楽しみが両立する通信教育になっています。

 

【名探偵コナンゼミ】で学べる教科についてはこちらを参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

小学生向けのため幼児にとっては少しレベルが高くなってしまいます。名探偵コナン好きならば、ナゾトキベーシックコースを受講するのもいいですね。ただ、年長さんであっても一人で楽しむには少し難しいかもしれませんので、親も一緒に楽しむことを前提に受講するのがいいですね。

 

【名探偵コナンゼミ】の資料請求についてはこちらを参考にしてください。

www.takoandwasabi.blog

 

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。