早慶附属を目指す高校受験ブログ

中学3年生の長女が高校受験で偏差値75以上早慶附属高校を目指して日々奮闘する姿と教育書を大量に読み漁って選んできた勉強法や学習管理についてご紹介します。

やる気が出ないときの勉強法~無理しないけどちょっと頑張る!~

高校受験は長期戦です。やる気が出ないときも必ずあります。でも、勉強しないといけない時期ですから、やる気がない・・・と戦っていかないといけないですね。いつもは頑張っているんだけど、今日はなんだかやる気が出ないときの対処法についてお伝えします。

f:id:takoandwasabi:20190807002707p:image

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

やる気がでないとき・・ちょくちょくあるのではないでしょうか。受験勉強を始めたときはやる気にみなぎっていたり、テストでいい点が取れるとよしやるぞ!と思ったり。でも、そのやる気をずっと維持するのは難しいですよね。いつものようにやる気が出ない・・・というときの対処法をお伝えします。

やる気が出ないときの理由

 

毎日に変化がない・・・

やる気がでないときは、毎日に変化がなくて、毎日の勉強スケジュールに少し飽きてきたときかもしれません。飽きるとやっぱりやる気がでなくなってしまいますね。

 

勉強の成果がでない・・・

勉強の成果が出ないときもだんだんとやる気がなくなってきますね。でも、勉強を積み重ねているのに勉強の成果が出ないことはありません。勉強さえしていれば、必ず成果につながっていきます。それでも、未来が見えないとだんだんとやる気がなくなってきてしまいますね。

 

なんだか分からないけど・・・

なんだか分からないけど、とにかくやる気がでない・・・ということもよくあるのではないでしょうか。理由はないけど、やる気がでない・・・毎日でないことを祈ります。

 

やる気が出ないときの対処法

 

寝る!

寝るとスッキリします。30分程度と時間を決めて寝てしまうと不思議とやる気がもどってくることがあります。疲れているとやる気を出すのがつらくなってしまうので、寝るのはかなり効果が高いと思います。やる気なくだらだらしているのならば、その時間を寝てしまえば、またリセットされて頑張れるかもしれません。

 

美味しいものを食べる!

食事を楽しみにやる気をアップしていってもいいですね。楽しみなくずっと頑張るのは難しいです。美味しいものを食べる!は手軽にリフレッシュできて、これが終わったら、食べるぞ!というようにちょっとした目標にもできます。美味しいものを食べて、心が満たされるとやる気回復につながります。

 

散歩に出かける!

環境を変えてみるのもいいですね。英単語を聞きながらの散歩なら勉強しながらリフレッシュもできます。真剣に聞かなくても、耳に入れているだけでもだいぶん違いますので、リスニング勉強はやる気がないときの勉強としてはハードルが低いでしょう。

 

いっそのこと全く勉強しない

全くやる気が出ないとき、いっそのこと全く勉強しないというのも究極の選択です。しかし、全く勉強しないというのは諸刃の剣だと思ったほうがいいですね。全く勉強しない開放感から、もういいや勉強・・・と思わないのであれば、全く勉強しないことで次の日から若干の焦りをともなって全力で勉強に取り組めるかもしれません。

 

目標を書いてみる

勉強のやる気がでないときは、目標を見失っているかもしれません。今自分が何のために勉強しているのか、目標、夢を思い出してみてください。今はまだ届いていないけれど勉強を続ければ、この高校に合格できるんだ!この高校に絶対合格する!と思うことでまたやる気を取り戻せるかもしれません。

 

中学生にとっての半年後はかなり先のことになってしまいます。大人なら焦って勉強するような期間ですが、中学生にとっては遥か先の未来です。だからこそ、たびたび目標を思い出すこともやる気につながるでしょう。

 

やる気が出ないときの心の動き

やる気が出ない・・・と思うときは、やる気を出さなければと思っているときですね。やろうという気があるということです。でも、なんとなく、やりたくない。勉強をしたいけど、やる気がでないから、しなくてもいいかな?という気持ちがあるのではないでしょうか。

 

だからこそ、やる気がないときに全く勉強しないのはあまりおすすめしません。やる気によって勉強量を左右させているとだんだんと勉強量が減ってくるからです。勉強はやる気がなくてもするものだという前提に立っているほうが、勉強時間は確保できるでしょう。

 

そういうこともあると受け入れる

だから、やる気がないから自分はだめだと思う必要は全くありません。やる気がないのは普通です。そういうこともあるよね!と受け入れてしまってぜんぜん問題ありません。

 

やる気がなくて困る人は自分だけ

やる気がなくて困る人は実は自分だけです。親は心配すると思いますが、実際にはレベルを下げれば入れる高校は必ずあるのが高校受験です。高校受験でやる気をなくして、勉強せずに、思ったような学校に進学できなかった場合に困るのは3年間そこで生活を送る自分だけです。

 

自分のための勉強です。やる気がでないこととどうやって向き合っていくのかも、自分で解決していくしかありませんね。

 

無理しないで。でも、ちょっとだけ頑張る!

やる気がでない日の勉強法で1番のおすすめは、ちょっとだけ頑張って勉強することです。やる気がでない日でも1問だけ解いてみる、リスニング問題を聞いてみる、漢字を覚えてみる、など簡単にできる勉強を少しだけ頑張ってみましょう。

 

やる気がでないときは心が疲れているときでもあるので、あまり無理する必要はありません。でも、受験生ならばちょっとだけ頑張りましょう。その頑張りはやる気なかったけど少し頑張れた!という実績となってやる気がでないときを支えてくれるはずです。

 

そして、その日にやるべきだった勉強はあとから必ず取り返しておきましょう。高校受験まで、やる気がでない・・・と向き合いながら、計画をしっかり実行していきましょう。

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。