学問のオススメ

勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

高校受験は親も不安・・・共感しながらサポートしよう!

受験日が近づいてくると、受験生はもちろん不安を抱えていますが、親も不安になりますね。一生懸命頑張っている子の行く先は、本人の希望通りであってほしいと願っていますから。

f:id:takoandwasabi:20200117001419p:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

多くの場合人生初の大きな選択である高校受験を前に、親もいろいろと不安を抱えているでしょう。自分の高校受験のときよりもむしろ気になる・・・と不安が大きくなっていることもあるのではないでしょうか。

親の不安の理由は何?

自分のことではないのに子どもが受験生だと不安な気持ちを常に抱えていることに気づきます。明確な理由がないのに急に不安な気持ちになることもありますね。親の不安の理由は何なのかを考えてみましょう。

金銭的不安・・・

公立高校に行けるのか・・・私立高校になるのか・・・で金銭的に不安を抱えている場合はあると思います。どんなに子どもが頑張っていても、受験に絶対はありません。十分に合格圏内だと思っていても、万一・・・と思うと不安になってしまいます。

 

出願等手順の順守ができるか不安・・・

高校受験では親がしなければならない出願等の手続きがいろいろとありますね。受験料の支払いや出願書類の郵送を期日を守って、間違いなく行わないといけません。子どもの頑張りを親の不手際でダメにしてしまう可能性があるため、どうしても不安になってしまいます。

 

合格できるか不安・・・

子どもは一生懸命頑張っているけれど、合否は必ず発表されます。この頑張りが無駄になるわけではないけれど、どうせなら実ってほしいというのは親心ですね。合格できるかな・・・合格できたらいいのにな・・・と受験生よりも不安を抱えている方もいるかもしれませんね。

 

受験後にどんな生活になるのか不安・・・

高校受験が終わるまで、高校生活がどのようになるのか?を確定することができません。受験が終わって、どんな生活になっていくのか?をいろいろなパターンで想像することはできますが、決まっていないというのは不安になりますね。

 

不安と生きる考え方!

不安をすべて解消することは難しいです。人間は不確定なことに不安を感じます。ですから、合否が決まってしまうまで不安はあるものだと心得ましょう。

 

金銭的な不安は、知ることで解消されることがあります。

 

2020年度からは所得制限がありますが、高校無償化の枠が私立高校にも広がります。自治体によっても違いがありますので、自分の家庭でどのような補助が受けられるのか?というのを確認してみましょう。

 

私立高校では特待生制度を実施している学校があります。そういう制度を利用できないかと志望校選択のときに考えていくことで不安を解消できる場合もあるでしょう。

 

金銭的な不安は口に出して子どもにぶつけないように気をつけてください。

 

出願書類の手続きでは、いつ何をするのか?を明確にスケジュール化しましょう。そして、出願手続きの日が来たら、早急に手続きをしてしまいましょう。とにかく、早めを心がけておくことで、いつの間にか時間が過ぎていた!!という恐ろしい現実をすぐに遠ざけることができるでしょう。

 

簡易書留は、差出日の翌々日から10日以内で日付指定ができます。願書や調査書等の到着日が指定されている場合には、日付指定で早めに送ってしまうと何かと安心ですね。

 

合格できるかどうか不安・・・というのは、どんな状況であっても払拭することができない不安です。子どもが勉強していなければ不安ですし、勉強していても不安です。結果が出てしまえば、どんな結果であっても不安は解消されますので、時間が解決するしかないでしょう。

 

合格不合格が決まってしまえば、今後の生活が確定してきますので、高校生活を楽しみにする余裕が出てくるのではないでしょうか。

 

高校受験には不安があるのは仕方のないことと受け入れて、この貴重な時期をドキドキと過ごしましょう。

 

受験生の不安に共感しよう!

受験生ももちろん不安です。一人だけ不安に思っていると思うよりも、みんな不安なんだと思えたほうが、きっと気持ちはちょっとだけ楽になるはずです。

 

「あなたも不安だけど、お母さんも不安だよ。こんなに頑張っているからいい結果が出るといいね。」と受験生の不安に共感することで、受験生の孤独感を少し和らげることができるかもしれません。

 

親の不安で受験生を不安にさせないために!

ただし、気をつけたいのは、親の不安のほうが大きく、受験生の不安をより強めてしまうことです。受験生の不安に共感して、あなたは一人じゃないよ!というメッセージをおくれるといいでしょう。しかし、親子で、不安で不安でどうしようもない・・・という状態になってしまうのはよくありませんね。

 

親の不安は子どもの不安よりも大きく見せないようにしましょう。親の不安が大きすぎると子どもはそこに巻き込まれてしまいます。実際には親のほうがやきもきと大きな不安を抱えていることが多いかもしれませんが、そこはぐっと抑えて、軽い感じで共感してあげるのがいいでしょう。

 

✖お母さん本当に不安で不安で・・・本当にちゃんと勉強してる?合格できるの?ああもう!!不安でどうしようもないわ。

〇お母さんも受験のことを考えると不安よ。でも、これだけ勉強しているんだから、きっと大丈夫だと思っているわ。

 

子どもが、よし!受験まであと少し頑張ろう!と思えるような声かけを意識しましょう。

 

親は受験生のサポーターであることを忘れない

つまり、親は受験生のサポーターです。どうしたって、当事者ではないのですから、しっかりと支えてあげましょう。親のできる一番のサポートは、当たり前の毎日を過ごすことができる環境を整えてあげることだと思います。美味しいごはんや快適な住環境の提供が大切です。

 

日々不安を抱えていてもそれにのまれることのないように、子どもの不安にも寄り添っていきましょう。不安な気持ちを受け止めて、前向きになれるようにしてあげられるといいですね。

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。