学問のオススメ

2021年度:早慶附属高校2年生の長女と公立中学1年生の次女。2人の子育てから分かってきた効率の良い学習や効果の高い勉強法などについてお伝えしていきます。その他、経験に基づいた記事を心がけながら、勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

【ATAM ACADEMY】無料体験ってどんな感じ?次女体験談!

【ATAM ACADEMY】の無料体験を中学1年生の次女がしました。【ATAM ACADEMY】ではデジタル画をオンラインレッスンで学んでいくことができます。またそれだけにとどまらず、LINEスタンプの販売のようにデジタル画の活用方法まで学んでいけます。

f:id:takoandwasabi:20210813221546j:plain

 こんにちは!たこあんどわさびです。

 

無料体験をするまでの流れと次女が受けた無料体験レッスンの様子についてお伝えいたします。

【ATAM ACADEMY】の無料体験をしました。

どうやって無料体験したらいいの?

無料体験の申し込み方法

f:id:takoandwasabi:20210807163505j:plain

必要事項を記入して、無料体験の規約に同意して、情報を送るだけです。

 

年齢は小学生、中・高・大学生、大人の3種類から選ぶことができます。誰でも、無料体験できるということですね。すぐに自動返信のメールが来ました。その後、1時間後くらいに【ATAM ACADEMY】の事務局の人が内容を確認してからメールがきました。

 

希望していた時間が予約でいっぱいだったため、別の時間を提案されました。問い合わせが増えていて、予約の取れない時間が増えているそうです。2回目の希望時間でレッスンが予約できました。

 

【ATAM ACADEMY】の無料体験はこちらから

 

中学生なので、中学生向けの体験教材が送られてきました。SNSのアイコンか、オリジナルアアバターを作るための教材です。次女はSNSのアイコンで体験します。

 

必要な道具は何?

基本的にはiPadとアップルペンシル、無料アプリの「Sketch Book」を準備することになっています。

 

デジタル画が初めての場合には、無料体験は紙と鉛筆でも大丈夫です。もし、気に入って入会する場合には、iPadとアップルペンシルはレンタルすることもできます。

 

次女は普段からiPadではないタブレットにペンで絵を描いているので体験はそれで行いました。

 

次女のようにすでにデジタル画を描いている場合には、入会してからも使い慣れたもので対応してくれます。いろんな状況に柔軟に対応してくれるので、すでにある程度環境がそろっているならそれで参加していくことができます。余計な費用がかからなくて助かりました。

 

実際の体験内容は?

Zoomで話しながら、タブレットに絵を描いていきました!

 

体験授業は1対1のマンツーマン授業でした。【ATAM ACADEMY】では、マンツーマン授業と3~5人に先生1人の集団授業があります。スタンダードは集団授業なので、集団授業なのかな?と思っていたのですが、最初なのでマンツーマンでした。いろいろと聞けるので安心でした。

 

スマホは私のものを使って、Zoomのアプリをあらかじめ入れて、サインアップしておきました。【ATAM ACADEMY】からのメールにあったミーティングのURLをクリックすると会議に入れました。時間ちょうどに体験授業は始まりました。

 

まずは質問タイムです。名前、学年、イラスト歴、よく描くイラストについてや上達したい部分、やりたいイラストについてやイラストを描いている頻度などについて聞かれました。次女は1年程度デジタルイラストを描いていて、自己流にいろいろと学んではいたので、デジタルイラストについては、アプリの使い方を含めてそれなりに分かっています。

 

先生の話によると、初めてiPadで絵を描くという場合も多くあるそうです。先生は、経験者でも初心者でも全く問題なさそうです。優しそうな先生で、次女の絵を「いいね!いいね!」とほめてくれるので、楽しく授業できました。

 

授業内容はSNSのアイコン作成でした。ダウンロードしたファイルにレイヤーを重ねてまず下書きであたりをつけ、そこからさらにレイヤーを重ねてペン入れをしていくあたりで授業は終わりました。

 

実際に授業を受けて感じたことはこちらです。

  • 描いている時間は黙ったまんまで時間が過ぎます。本人は一生懸命描いているので、その時間も大切です。でも、親としては何か聞いたりすればいいのに。。と思ってしまいます。
  • 完全な初心者だと操作を学ぶだけでも1時間では難しいです。
  • 先生は画面共有で操作の仕方や絵の描き方を教えてくれるので、初めてでも絶対楽しいと思います。
  • ミーティングルームと絵を描くタブレットが別なので、操作に迷うことなくレッスンを受けることができます。
  • 経験者で、自分の苦手なところを把握していたり、積極的に先生に質問できるようであれば、かなり有意義な無料体験ができます。
  • 先生はあっという間にきれいに絵を描いてくれます。
  • 先生は一瞬見ただけの絵でも、どれくらいの技能があるのか?を瞬時に判断していました。
  • 時間内だけで絵を描こうとするとあまりたくさん描けません。
  • 絵を描く時間を週に1時間強制的にとれると考えると確実に上達すると感じました。

 

入会しました!入会手続きは?

オンラインで入会登録をして、クレジットカードで支払いをしました。

【ATAM ACADEMY】のレッスンコースはこちらです。

  • マンスリーレッスン 3~5人の集団授業 4回/月 11000円
  • パーソナルレッスン 1対1のマンツーマンレッスン 2回/月 11000円

※入会金として初月に11000円がかかります。

 無料体験レッスン後に無料体験レッスン受講へのお礼メールがくるのですが、そこに入会登録のリンクがはられています。

 

名前、住所、電話番号等必要事項と希望のレッスン日時を登録します。登録内容については自動返信メールが来ます。そのあと、支払い案内のメールが半日くらい後にきました。支払いはクレジットカードだけです。支払期限は3日後でした。

 

支払いをすると、初回のレッスン案内が来ました。次女の場合には希望していた日時がいっぱいだったので、再度考えてレッスンの申し込みをしました。

 

【ATAM ACADEMY】のレッスン時間はこちらです。

  • 平日 16:00~ 17:15~ 18:30~
  • 土日 10:30〜 13:00〜 15:00〜 16:30〜 18:00〜

 

マンスリーレッスンの集団授業も担任制だそうです。同じ先生に継続的に見てもらえるほうが得意不得意も把握してもらえるのでいいなと思っています。オンラインなので、北海道から沖縄まで、海外からの参加者もいて絵を通じていつもとは違う人たちと交流できるそうです。

 

機械の扱いに慣れるためにも初回~1ヶ月程度はマンツーマンで初心者向けにレッスンを受けることができます。初めてデジタルで絵を描くという場合にも安心です。次女の場合には、デジタル画の基本はできていたので、すぐにマンスリーレッスンでも大丈夫と言われていました。

 

【ATAM ACADEMY】では、デジタル画の技術を学ぶことはもちろんですが、例えばLINEスタンプを作成して投稿するところまで教えてくれたりします。絵を描くだけでなく、その活用方法を学ぶことができるのも【ATAM ACADEMY】のいいところです。働き方も生き方も多様化していく中で、いろいろなお金の稼ぎ方があることを知っておくことは、余裕をもって賢く生きていくために大切だと思うからです。

 

【ATAM ACADEMY】では無料体験から入会まで全てメールでのやり取りでした。無料体験をしたからと言って毎日のようにメルマガが届くようなことはないです。今のところ必要なメールしか来ていませんし、体験中も入会ありきのような感じではなく、もしよかったら・・・という感じで押しつけがましくなく好感がもてました。

 

次女の場合には、無料体験をして気に入ったら入ろうかなという感じで受けたのですが、次女はかなりレッスンを気に入ったみたいですぐに入会を決めていました。

 

レッスン以外でもLINEで先生に自分が描いた絵を見せて感想やアドバイスをもらうこともできるようです。次女はデジタル画自体はかなりの頻度で描いているので、それを見せる相手ができるのも楽しみのようです。

 

【ATAM ACADEMY】で、デジタル画の描き方だけではなく、その活用方法を学んでいきたいと思っています。デジタル画を描いている人はもちろん、まだ興味があるだけという場合にも、すごく楽しめるのでぜひ無料体験してみてくださいね。

 

【ATAM ACADEMY】の無料体験はこちらから

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。