学問のオススメ

勉強に役立つ情報をお伝えいたします。

1歳からの英語教室!親子で学べるイーオンこども英会話「イーオンキッズ」!

英語教育は、いつから始めたらいいんだろう・・・早いほうがいいって言うけど・・・英語は話せないからどうしたらいいんだろう・・と悩みはつきませんね。小さいときから英語に触れていくことで、必ず力になっていくでしょう。ここでは、1歳でも通える英語教室であるイーオンこども英会話「イーオンキッズ」についてお伝えいたします。

 

f:id:takoandwasabi:20200312000639j:plain

こんにちは!たこあんどわさびです。

 

幼児の英語教育はとても気になるところだと思います。でも、無理強いして英語を嫌いになられても困りますし、自然に英語を習得していってくれるとうれしいですよね。親子で楽しみながら、10倍の競争率を突破した優秀なネイティブ講師や安心の日本人講師の指導で本格的な英会話を習ってみませんか?

1歳からの英語教育は意味があるの?

1歳から英語を習って意味があるのかな・・・と思うことはあると思います。まだ、日本語もよく分かっていないのに英語まで・・・。

 

でも、子どもの脳って毎日いろんなことを考えて、すごいスピードで学んでいます。生まれて1~2年で日本語をかなり習得してしまうのですから。1日中、聞いているだけの日本語を、親の動作や状況を感じ取ってこういう意味だということを理解しているということですよね。

 

同じように英語を習得することもできるといえるでしょう。そのためには英語を聞く、英語に触れる、英語を話すなど英語が身近にあることが大切です。日本語しか話せない親だとこれはかなりハードルが高くなります。DVDやCDで英語をかけておくことで柔軟な幼児の脳には英語の周波数がインプットされていきますので、英語に触れていくという点ではとてもいいですね。

 

それにプラスして、実際に英語を話す人を身近に感じることでさらに英語が言葉として脳にインプットされていくでしょう。

 

幼児の英語教育で気をつけること

幼児の脳はとても柔軟で、スピーディにいろんなことを吸収します。しかし、それは大人が語学を学ぶように効率的なものではありません。ですから、いろんなことを吸収していますが、それを親が希望するようにアウトプットするわけではありません。

 

全く英語を話さないから意味はない・・とか、今日習ったセンテンスをもう忘れている・・とか、はっきり言って幼児にとってはどうでもいいことなのだと思います。興味のあることは覚えているし、何度も聞くことは理解してくるし、そういうことを繰り返しながらどんどん成長していくのです。

 

ですから、幼児の英語教育で一番気をつけてほしいのは、期待しないということです。親の思った通りに学びませんし、親の喜ぶように英語を話すわけではありません。それでも、英語に触れているという経験は子どもにとって、貴重な経験であり、大切な時間だということを忘れないでほしいです。

 

そして、小さい子の脳はすぐに覚えますが、すぐに忘れてしまうのも特徴の一つです。そのため、気長に継続していくということも将来英語を身につけるためには必要ですね。

 

期待せずに、継続する・・・苦行??って感じですが、いつか花咲く日がくるかもしれないと日々を楽しんでくださいね。

 

早慶附属に合格した長女は、0歳のころから聞き流しの英語を続けて、全く効果を感じないまま小学6年生になり、小学6年生でオンライン英会話をして、やっぱり全く効果を感じず中学生になりました。しかし、その継続は長女の力になっていたようで、中学では英語が一番得意な教科でした。

 

特にリスニング力がかなり高かったため、特に対策しなくても英検準2級に合格するなど地道な継続が力になったと感じています。今でこそ、継続の力を信じることができますが、12年間本当にこれで大丈夫かな・・と不安がよぎったこともありました。

 

中学3年生で早慶附属を目指し始めたときでも、英語は長女の得点源としてかなり役立ってくれました。特に期待もせずにただただ継続していただけの英語だったのですが、そのおかげで、長女は英語を嫌いになることもなく、中学生で力を発揮できるようになったのではないかと思っています。

 

1歳からの英会話教室「イーオンキッズ」

英語を話せないとなかなか英語を取り入れることは難しいですよね。そんな時に英会話教室は、実際に話してくれる先生がいてくれて助かります。映像ではないリアルな先生が話をしてくれるのは、英語を言語としてとらえるのに役立ちます。

 

こども英会話教室「イーオンキッズ」には、1・2歳のベビークラスがあります。親と一緒に習うことになりますので、講師の方の力がしっかりないと難しいですよね。ちゃんと英語を話せるからこそ、親が一緒でも大丈夫だという自信があらわれているクラスなのではないでしょうか。

 

全国(鳥取県を除く)に教室を構える大手の英語教室「イーオンキッズ」は、独自の英語教材を作成しています。英語絵本やシール遊びなど幼児の興味がむくことで、一緒に遊びながら実践的な英語を習っていき、あいさつができるようになること、歌を歌えるようになることなどを目指していきます。

 

初めて英語に触れる1歳の子にとって「楽しい」というのは1番大切なことですね。

1歳からの英会話教室「イーオンキッズ」

 

英語教室で習ったことを生活に取り入れよう!

英会話教室に行ける時間は1週間のうちにそんなに長くありませんね。例えば1週間に1回だけでは、それは継続という意味では少し短いかもしれません。1・2歳のベビークラスで、親も一緒にレッスンができるということは、親も英語を一緒に習っているということです。

 

プロの英会話教師のレッスンをみて学ぶことができるのです。せっかくですから、その1部でも日々の生活に取り入れることができるといいですね。

 

同じ発音ができなくても大丈夫です。子どもは自然と正しい発音の先生の音をまねるようになりますし、言葉ですから絶対正確に!でなくても大体伝わればいいのです。日本語だって、方言によっていろんな発音がありますよね。先生が言っていたことを同じように生活に取り入れて、子どもと一緒に英語を楽しみましょう。

 

親が英語を話すのを聞いた子どもは、さらに英語を身近なものと感じるようになるでしょう。

 

1歳からの英語教育で、英語耳を身につける!

英語を無理やり勉強させるというスタンスですと、あまり早くからの教育はどうなんだろう・・・と疑問を残すかもしれません。しかし、英語を楽しんで、英語に触れていくことをメインに地道な継続をしていくならば、いくら早くても子どもの負担になることはないでしょう。

 

英語の音の周波数を身につけるためには、早くから英語に触れておくことがとても大切です。英語を聞き分けることができる耳を作るためには本人が希望してから・・では遅いこともあります。将来、どんな方向に進んでいくか分からない子どもが英語を勉強したいと思ったときに、英語を学ぶための耳を持っていれば、その勉強は少し楽になるでしょう。

 

1歳からの英語教育では、親も一緒に勉強して、一緒に英語を楽しんでください。そして、期待せずに地道に継続していくことが大切です。親子で英語を習うことができる1・2歳クラスのイーオンこども英会話「イーオンキッズ」は、毎日の生活に英語を取り入れるきっかけとしてもとてもいいですね。

 

無料体験できますので、まずは体験してみることをおすすめします。

 

では!最後まで読んでいただきありがとうございます。